Medacta Corporate
第48回日本人工関節学会にて共催セミナーを開催しました

第48回日本人工関節学会にて共催セミナーを開催しました

2018年2月23日15時より第48回日本人工関節学会(東京国際フォーラム)にて共催セミナーを開催致しました。  

2018年2月23日15時より共催セミナーを開催し、今回は座長に馬渡正明教授(佐賀大学医学部整形外科学教室)をお招きし、米国よりDr.JOSE A. RODRIGUEZ M.D. (Lenox Hill Hosp.)に講師として『 Tapered-wedge femoral stem design for Anterior Minimally Invasive Surgery』をご講演いただき、西脇徹 先生(慶應義塾大学医学部 整形外科学教室)に『AMIS Approach-Leg positionerを使用した低侵襲組織間温存前方進入法による人工股関節置換術』をご講演いただきました。