Medacta Corporate

ひざ関節の構造

ひざ関節は 大腿骨(太ももの骨)、脛骨 (すねの骨)、ひざ蓋骨(ひざのお皿)の3つの骨で構成されています。 ひざを曲げ伸ばしする際、脛骨の上で大腿骨はわずかにねじれる動きが同時に起きています。膝蓋骨は大腿骨の先を沿うようにスライドしています。足は太ももの筋肉によって動きます。もっとも大きな力を発揮しているのは大腿四頭筋です。

大腿骨と脛骨は靭帯でつながっています。この靭帯の作用によりひざ関節は安定性を得ています。 骨同士が接触する大腿骨、脛骨、膝蓋骨は、表面が関節軟骨と呼ばれる滑らかな組織で覆われています。 さらに関節の周辺は滑液(関節液)と呼ばれる潤滑液で満たされており、骨同士(軟骨同士)が滑らかに動くのを助け、摩耗により骨が削れることを防いでいます。

膝関節の構造_Giapponese_Big