Designed for you
by you 

CONCEPT
MyKnee MIS and muscle sparing surgery:
精確性・効率性と最小侵襲の両立!

日々の臨床現場において、全ての医師は良好で再現性の高い人工膝関節置換術の臨床成績に対する要求の高まりに直面しています。MyKnee MIS (最小侵襲患者適合型関節手術器械)は、筋肉を温存可能で患者に高い恩恵をもたらす、Mini-Subvastusアプローチとの組み合わせ使用することが可能です。
小型化し、エッジをラウンド処理し、解剖学的に適合性の高い形状をしたMyKnee MISカッティングブロックは、最小侵襲アプローチに向いた設計となっています。軟部組織の温存を容易にし、骨切りの精度と効率性の向上が期待できます。

MyKnee MISを用いたMini-Subvastusアプローチによる人工膝関節置換術は軟部組織の温存が容易で、骨切りの精度と効率性の向上が期待できます


筋肉を温存した人工膝関節置換術(MSS: Muscle Sparing knee Surgery)により、手術を通じた組織の損傷の減少や膝関節の痛みの軽減、早期の機能回復が報告されています:

入院期間の短縮 (17%〜43%の短縮) [1,2]
早期の機能回復(6週間早く110°の可動域獲得が可能) [2]
リハビリテーション期間の短縮 [3]
痛みの軽減(退院時に16%現象) [2]
投薬の必要性の減少(術後2週間時点において12% 減少)  [4]

人工膝関節置換術において様々なMSS(筋温存)アプローチが行われていますが、Mini-Subvastusアプローチにより以下の潜在的利点が期待できます:

筋肉を一切切らない
膝蓋骨の翻転が不要
膝関節の脱臼が不要
皮切長の短縮
適切な術野の確保適応範囲の広いアプローチ

さらに、Mini-Subvastusアプローチによって患者は術後早期だけでなく、以下の利点を享受できる可能性があります:

『Mini-Subvastusアプローチによる人工膝関節置換術後1年経過時点における、大腿四頭筋力は非手術側と比較して同等であったが、Medial Parapatellar(内側傍膝蓋アプローチ)では24%弱かった』 [5]
 

術後1年経過時点における大腿四頭筋力の非手術側との比較

Adapted from Schroer et alt. [5]

M.O.R.E. EDUCATION KNEE PROGRAM
PUBLICATIONS

[1] Schroer et al. Mini-subvastus approach for total knee arthroplasty. J of Arthroplasty. 2008 Jan; 23(1): 19-25.
[2] McAllister et al. of minimally invasive surgical techniques on early range of motion after primary totalMcAllister et al. The impact of minimally invasive surgical techniques on early range of motion after primary total knee arthroplasty. J of Arthroplasty. 2008 Jan; 23(1): 10-18.
[3] Bonutti et al. Minimally invasive total knee arthroplasty. JBJS Am. 2004; 86: 26-32.
[4] King et al. Minimally invasive total knee arthroplasty compared with traditional total knee arthroplasty. Assessment of the learning curve and the postoperative recuperative period. JBJS Am. 2007 Jul; 89(7): 1497-503.
[5] Schroer et alt. Isokinetic Strength Testing of Minimally Invasive Total Knee Arthroplasty Recovery.  Journal of Arthroplasty, 2010 Feb; 25(2); 274-279

Resources
Related products