コンセプト
PRECISION ON DEMAND

MyHipシステムは執刀医によるインプラントとサイズの選択およびポジショニングの評価[1]を可能とし、術前計画通りの手術を施行するために以下の特徴を備えます:

従来の2次元テンプレートによる術前計画と比較してアウトライヤーの発生率を半減させることが可能となる3次元による術前計画[2,3]の実施が可能です[4,5]

 3次元プリンターにより製造される患者適合型ガイド[6,7,8]により、
3次元術前計画を再現することができます。

MyHipによる3次元術前計画は、事前に登録された執刀医のPreferenceと各患者の解剖学的構造に基づいて作成され、インタラクティブなウェブサイトを通じて、執刀医に提案されます。

MYHIP WEBPORTAL

執刀医は各々の症例に合わせてインプラントの種類、サイズおよび設置位置を修正し、術前計画の精度をさらに向上させることができます。
執刀医に承認された3次元術前計画に基づき、Medactaは社内のレーザー焼結法の3次元プリンターによりMyHip 患者適合型ガイドを作製します。

3次元プリンターにより製造されるMyHip患者適合型ガイドは執刀医により立てられた術前計画を正確に再現するように設計されています。

3次元プリンターにより製造されるMyHip患者適合型ガイドは:

  • 手術中の体動による影響を受けることはありませ
  • 骨に直接設置されガイドとして機能します
  • アプローチに合わせたバリエーションがあります: 大腿骨カッティングブロックは前方/後方アプローチ用があり、寛骨臼リーミング/インパクションガイドは後方アプローチ用となります。

MyHip 大腿骨アンテリアガイド

MyHip 大腿骨ポステリアガイド

MyHip 寛骨臼ポステリアガイド

 
 
SPECIAL FEATURES

WHY MYHIP?

完全な3次元術前計画と3次元プリンターにより製造される患者適合型ガイドを通して、執刀医によるインプラントの選択と適切な設置位置の再現をサポートします。

リードタイムはわずか3週間
同様のテクノロジー、サービスの中で最短の納期を実現しています。

執刀医一人一人を専属のMyHipテクニシャンが担当いたします
それぞれの執刀医の症例は専属のMyHipテクニシャンが割り当てられ、各医師の手術方針を把握した関係構築が可能な体制を取っております。

クラウドベースの症例管理
MyHipに登録された症例はクラウド上のデータベースで管理され、お手元の端末にソフトウェアをインストールすることなくご利用いただけます。執刀医はいつでもどこでもクラウド上の最新のデータベースにアクセスすることが可能です。

完全な内製化を実現
MyHipにおける3次元の骨モデル再構築から3次元プリンターによる患者適合型大腿骨ガイド・寛骨臼ガイドの製造まで完全な内製化を実現しております。執刀医とMyHipテクニシャンの間で直接コミュニケーションを取ることも可能です。

WORKFLOW

CT IMAGES

患者のCTイメージがMedactaに送られます。

3D RECONSTRUCTION

骨モデルの3次元再構築像が作成され、事前に登録された執刀医のPrefarenceに基づいて3次元術前計画が立てられます。

VIRTUAL POSITIONING

インプラントが設置された術前計画案が執刀医に提案されます。執刀医は必要に応じて計画の修正を行います。

MYHIP WEBPORTAL

3D PRINTING IN-HOUSE MANUFACTURING

執刀医により術前計画が承認されると、Medacta社内の3次元プリンターによる製造工程が開始されます。

SYNERGY

MyHipは、それぞれの症例に応じて患者適合型関節手術用器械として、Medacta社製の股関節インプラントとの組み合わせ使用を前提として設計、製造されています。

参考文献

[1] Schmid J., Chênes C., Chagué S., Hoffmeyer P., Christofilopoulos P., Bernardoni M., Charbonnier C. MyHip: supporting planning and surgical guidance for a better total hip arthroplasty. Int J Comput Assist Radiol Surg. 2015 Oct;10(10):1547-56.
[2] Müller ME. Total hip replacement: planning, technique and complications. In: Surgical management of denegerative arthritis of the lower limb. Philadelphia: Lea and Faber., 1975:90-113.
[3] Müller ME. Lessons of 30 years of total hip arthroplasty. Clin Orthop 1992;274:12-21.
[4] Sariali E, Mouttet A, Pasquier G, Durante E, Catone Y. Accuracy of reconstruction of the hip using computerised three-dimensional pre-operative planning and a cementless modular neck. J Bone Joint Surg [Br] 2009;91-B:333-40.
[5] Sariali E, Mauprivez R, Khiami F, Pascal-Mousselard H, Catonné Y. Accuracy of the preoperative planning for cementless total hip arthroplasty. A randomised comparison between three-dimensional computerised planning and conventional templating. Orthop Traumatol Surg Res. 2012 Apr;98(2):151-8.
[6] Small T, Krebs V, Molloy R, Bryan J. Comparison of Acetabular Shell Position Using Patient Specific Instruments vs. Standard Surgical Instruments: A Randomized Clinical Trial. J Arthroplasty. 2013 Oct 16.
[7] Buller L, Smith T, Bryan J, Klika A, Barsoum W. The use of patient-specific instrumentation improves the accuracy of acetabular component placement. J Arthroplasty. 2013 Apr;28(4):631-6.
[8] Hananouchi T, Saito M, Koyama T, Sugano N, Yoshikawa H.Tailor-made Surgical Guide Reduces Incidence of Outliers of Cup Placement. Clin Orthop Relat Res. 2010 Apr;468(4):1088-95.

MYSOLUTION

MYKNEE

MyKnee患者適合型関節手術用器械により、患者のCTまたはMRIイメージに基づいた、3次元術前計画の再現が可能となります。

この技術により、患者、執刀医のそれぞれに様々な恩恵をもたらします。

Read more

MYSPINE

MySpineはテーラーメイドの患者別ペディクルスクリューガイドであり、執刀医はCTイメージに基づいて、3次元術前計画の再現が可能となります。この技術により、患者、執刀医のそれぞれに様々な恩恵をもたらします。

Read more
Resources