Medacta Corporate

手術の準備

人工ひざ関節全置換術を受ける前に、患者さまの健康状態を評価し、手術を妨げる要因がないことを確認するために、全身におよぶ検査を受けていただくことになります。

検査
手術に先立ち、血液検査、尿検査、心電図検査などを受けて頂きます。

セルフチェック

皮膚のチェック
ひざや脚に皮膚感染や炎症が認められたら、担当医に連絡してください。手術の前に皮膚の治療が必要となる場合があります。
 

歯のチェック
人工関節置換術後の感染の発生率はきわめて低いのですが、ひざ関節から遠く離れた部位での感染が血流を通じて、ひざ関節に広がってしまうこともあります。虫歯にその可能性があります。人工関節の手術を受ける前に、かかりつけの歯医者で歯の検査を行い、
必要に応じて治療をしておいていください。

投薬

手術の前に担当医に現在使用している薬をすべて
(投与量や回数を含む)伝えてください。担当医は投薬を中止または変更すべきかどうかを指示します。

専用器具

手術後にサポートストッキングや松葉杖が必要になることがあります。専門店にてレンタルまたは購入出来ます。 担当医やリハビリテーションの担当者にご相談下さい。

手術後の過ごし方

  • 手術後少なくとも2週間は運転することができません。
  • 手術後最初の24時間はご家族が付き添って頂くことが理想的です。
  • 帰宅後は、ご家族またはご友人に必要な介助をお願いしてください。

 

転倒防止のために

  • 小さな敷物などは撤去してください。
  • 安全に歩行できるよう、はがれたカーペット・じゅうたんなどは鋲などで留めておいて。
  • 室内を点検し、他に危険なものがあれば撤去してください。
  • しっかりとした、座面が高めの座りやすい椅子をお使いください。
  • ‐脱げやすい履物(スリッパ)の着用は避けてください。